ビジネススーツ

ビジネススーツといえば、サラリーマンです。
ビジネスマンといった方が現代にふさわしいでしょうか。
現代の日本では、この人々こそビジネススーツを着る代表選手といえます。

戦後の高度成長期には、企業への勤め人が急激に増え、ビジネススーツを着て郊外の家と大都市にあるオフィスの往復に明け暮れるビジネスマンの姿が一般化しました。

その昔、多くの人がまだ和服を日常着としていた頃、スーツはもちろんのこと、その他の衣服も手作りかオーダーメードのものを着るのが普通でした。
しかしその後既製服ができ、サラリーマンの急増と共にビジネススーツも大量生産されるようになりました。
スーツはもはやビジネスマンの制服と化し、多くの人が同じようなデザインの既製品を買い求めるようになったのです。

しかしこのことは、日本独自のビジネスウエアの文化形成にもつながりました。
気軽に安価で買える既製品は、売る側にはより売れるもの、つまりトレンドや目新しさを備えた商品を多く作らせ、買う側からは本当に自分が着るべきものを考える、という機会を奪ってしまいました。

ビジネスシーンでの女性の進出が遅れている日本では、オフィスでの服装も独特です。
女性にはビジネススーツが充分に浸透しているとはいえません。

今後、ますますビジネスに国境がなくなり、異なった文化背景をもった人々が同じ環境で働くことが増えていきます。
欧米諸国では、ことにスーツに関しては、強いこだわりがあり、彼らは伝統に則った価値観で、着ている人を判断します。
私達日本人は、着ているビジネススーツで失敗をしないためにも最低限の基本は押さえておくべきでしょう。


≪外部リンク≫
フランチャイズで独立をお考えの方に加盟店を募集しているサイトをご紹介します ⇒ フランチャイズ 加盟